セミナー

「ケーススタディでわかるオンラインサービスのスタート法務」出版記念セミナー

セミナーの概要

オンラインサービスに利用規約とプライバシーポリシーを掲載することは業界の常識となっています。ただ、いざ文案を作成しようとすると、「そもそも何を書けばよいかわからない」「法的リスクをなるべく避ける書き方をしたいが、どうすればよいかわからない」といった様々なお悩みが生まれます。このセミナーでは、利用規約やプライバシーポリシーの作成時に失敗しがちなケースを紹介しながら、運営者の法的リスクを回避し、ユーザーから「法的対応に対する意識が高い信頼のおけるサービス」という印象を持っていただくために大切なノウハウを、日常的に文案作成に携わる弁護士の立場から解説いたします。

日時・開催方法

オンライン開催

2023年1月13日(金)14:00-15:30(90分)

参加費 5,000円(税込)

※ご参加の方には「オンラインサービスのスタート法務」書籍(税込み3,740円)をお送りします。

ケーススタディでわかるオンラインサービスのスタート法務

 

プログラム

1.オンラインサービスと法務

1)オンラインサービスで疎かになりがちな法務対応
2)オンラインサービスの運営に必要な法律知識
3)オンラインサービスに関する法律の改正は目まぐるしい

2.利用規約を用意するのは何のためか

1)利用規約作成時に陥りがちな失敗例
2)ただ体裁を整えるだけでは意味がない
3)利用規約はオーダーメイド、ひな型は存在しない

3.よりより利用規約を作成するために

1)大切なことはサービス内容を落とし込むこと
2)他社の利用規約はどこまで参考にしてよいか
3)利用規約を書き始める前に構成メモを作る
4)「責任を負わない」とやみくもに書いても守られない
5)利用規約で絶対に落としてはいけない条項

4.プライバシーポリシーを書くための重要知識

1)法律の知識だけでは書けないからこそ難しい
2)「これは個人情報ですか」への回答は専門家でも難しい
3)安全管理措置について一体どこまで書けばよいのか
4)個人データの共同利用と委託、どう使い分ければ
5)プライバシーポリシーにもひな型は存在しない

5.よりよいプライバシーポリシーを作成するために

1)大切なことはユーザーに安心と信頼感を与えること
2)ベンダーからの聴き取りを怠れば失敗する
3)プライバシーポリシーで落としてはいけないこと

講師

お申し込みはこちら

お申し込みページへ(中央経済社サイトに移動します)

PAGE TOP